水牛車観光 竹富島

竹富島にいったら水牛!っていうけど、水牛でなにするの?

『竹富島』といったら、水牛!

水牛って何?って、水牛にひかれて竹富島の散策をするんです!
ってう、「水牛車観光」が一番初めにうかぶでしょう!

まず竹富島を調べた皆さんそう思いますよね。

で、その水牛車観光っていったいなにするの?

っておもったら、こちらのブログ記事を参考にしてもらえればと思います!

沖縄旅行、ある旅の行程。
その時は石垣島には夜のうちに移動して、翌日朝からあそぼうって感じでいった旅。

竹富島っていったら、まずは水牛車観光!

まずは、竹富島にわたっての水牛車観光にいってみようってことで!

竹富島 水牛車観光

結構朝っぱらからたくさんの人がいましたね。
といってもこれといって待つわけではありません。天気もいいしね。最高!

竹富島 水牛車観光

こんな感じで水牛は休憩したり、働かされたりって感じです。

水牛車観光をやってる観光業者は2社あります

こういうのやっぱり一社だと独禁になっちゃいいますもんね。

竹富観光センター (suigyu.net)

新田観光 (nitta-k.net)

こちらの2社さんで観光できます。

特に予約せずとも大丈夫。あ、超繁忙期とかだとまずいのかな?

竹富島 水牛車観光

はい。新田観光さん、とおねぇちゃんです。
何年前だ?

時間の関係で、こちらの観光屋さんを使いました。
交互に出ていると思いますので。

竹富島の水牛車観光の料金と所要時間は?

水牛車観光は、水牛に引っ張られて、ゆったりと竹富島を散策っておとになります。

所要時間は重要ですよね。
帰りの船のつごうもありますし。

水牛車観光の所要時間は30分

です。

水牛車観光の料金は、

  • 新田観光さんが、大人:1500円 小学生以下:750円
  • 竹島観光センターさんが、大人:2000 小学生以下:1000円

それなりに違いますね。
その違いが何なにかは、わかりません!

竹富島 水牛車観光

さて、こんな感じで、広場からスタート!

竹富島の街並みをぐるっとめぐる水牛車観光

竹富島 水牛車観光

竹富島の街並みって言ったら、やっぱり石垣ですよね。
沖縄石灰岩だったかな?
細かい石で石垣がきれにできあがってて。

オレンジ色のカワラと漆喰の家、沖縄の風景がフォトジェニック!

竹富島 水牛車観光

これもよくある光景じゃないですか。

だいだい色の瓦を漆喰で固めた屋根。そして木造。
で、大体どこの屋根にもシーサーがいたりしますしね。

そして青い空とのコントラストが最高!

旅行雑誌のとか、旅行のパンプとかによくある題材でしょう!
うーん、沖縄~~!!

竹富島 水牛車観光

妹はちょっと腰引けてる感じで。
水牛さん見てしがみついてきてますよ。

うん、かわいい~。

おねぇちゃんは、どうなんだろう?
特にどうってことはかったかな?

竹富島 水牛車観光

この角まがってくんですよ。
そんなに道広くないですよ。

竹富島 水牛車観光

こうやってところどころ生垣の中にもシーサーが潜んでいたりします。

見つけてみるのもいいかも。

竹富島は小さいですが、おみやげ物屋さんや食事処もあります

竹富島 水牛車観光

民芸品のお店ですね。
いってないなー。

竹富島 水牛車観光

暑いですからね。
水牛さんも暑いわけですよ。

で、おじさんがホースのあるところで水浴びさせてます。
行程の途中ですね。

角にハイビスカス、ついてますねw
この水牛さんは女の子みたいです。

途中、このおじさんの三線での沖縄民謡もあったりします。

竹富島散策が終わると、水牛さんとのふれあいと撮影会!

竹富島 水牛車観光

また待合所に戻ってくると、最後は水牛さんに触れられたりします!

ふれあい動物園!

おねぇちゃん、結構触ってますね。
ちょーびびりーなんですが。

で、最後、角のポーズとっての撮影もあります!

以上、竹富島の水牛車観光でした!

『竹富島 水牛車観光』 ギャラリー

竹富島の水牛車観光 観光情報 ~観光業者 所要時間

竹富観光センター (suigyu.net) 新田観光 (nitta-k.net)

所要時間 30分
住所:〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富97


沖縄旅行

インスタ映え 沖縄

得旅!遊ぶ!カフェ!グルメ!映え!ホテル!お土産!>by 沖縄旅行!