旅行

旅行中にコロナに感染したらとおもったら

2022年8月9日現在、沖縄は大変な状況にあります。
人口比でいったらかなりの割合で、医療ひっ迫が連日のようにニュースで流れています。

昨日、ニュースで桜井くんが言ってましたので、こちらでも。

簡単にまとめますので、詳細はリンクのページを確認してください。
また、感染対策は当然とします。

1.沖縄旅行中にコロナへの感染が疑われたら医療機関へ

最寄りの病院を探す方法として

まずは、最寄りの医療機関に相談すること。
私も昔、ホテルでおねぇちゃんにちょっとした事故(ちょっと目を離したすきにベッドから落ちた!)があって、慌ててフロントに聞きました。

ホテルのフロントに行けば最寄りの病院を紹介してもらえるとおもいます。

おかげで、沖縄県立北部病院の診察券が記念に残ってますw

コロナ感染の可能性が高いとおもったら

もう今の時期に発熱やら咳やら、何らかの症状がでたら、まずコロナを疑ったほうがいいでしょう。

で、その疑いが出たら、旅行者専用相談センター沖縄に電話だそうです。
TEL:098-840-1677

旅行者専用相談センター沖縄の対応時間外(21:00~8:00)や新型コロナウイルス感染症に関する一般的な問い合わせに関しては、24時間受付のコールセンターがあります。
TEL:098-866-2129

もしかしたら、そちらでも医療機関などを紹介しもらえるかもしれません。

2.ご家族など、同行者に発熱や他コロナ感染かも、という症状が出た場合

相談機関の指示に従いましょう

コロナの可能性が出た時点で、まずは医療機関に相談になるかと思いますが、その後は医療機関の指示に従う、ということになりそうです。
当然といえば当然ですね。

観光客も指定医療機関・指定施設等での入院・療養(軽症者の場合は宿泊施設での療養も可)が必要となります。

現実的に、現状病院への入院はむつかしいともいますので、宿泊療養出来るホテルなどでの隔離になるのではとおもいます。

海外ではそういったホテルがあるので、そちらで自主隔離という話がニュースで流れていますが、国内はどうなんでしょうか。
調べたけど、基本的には「医療機関」でとなっています。

現実的に、旅行者が入れるのかどうか不明です。
自宅療養がほとんどの今現在ですので。

「自主隔離 沖縄 ホテル」で検索してみましたが、いまいちわかりませんでした。

おそらく、問い合わせした際にどうするかは指示があるものかと推測します。

3.コロナに感染が確認された場合、沖縄から帰れるのか?

もちろん、療養期間が明けるまでは帰れません!

感染が確認された地域での入院・療養となるため、帰省することはできませんし、保健所管轄で報告も必要となります。
その間にこっそり変えるなど、持ってのほか!

沖縄に滞在中の旅費はどうなるか?

旅費は、当然自腹です。
飛行機も再度取り直さないといけないので、おそらくものすごくかかるでしょう。

LCCだと運が良ければ1.5万円くらいで、JALやANA便だと、3万円くらいはかかるものと思います。

加えて、滞在費も当然かかりますので、それなりの覚悟は必要かと。

「コロナ旅行保険」に入っておくべき

滞在費含め、ものすごい出費になってくると思いますので、各保険会社が出している「コロナ旅行保険」に入るべきかと思います。

どういった保険料になるかは、様々だと思いますので、調べてみてください!

出発前にコロナに感染した場合のキャンセル料なども対象になるみたいですよ。

 

コロナ禍の旅行におもうこと

こうやってこのような状況の中、旅行ブログをかいている私ですが、自分が会社を経営していて、かつ、コロナの影響をもろに受けています。

そうった人間として、旅行を計画された方には、旅行に行ってもらって、旅行業界を助けてもらいたい、という思いの方が強いです。

医療関係者には申し訳ないですが、コロナの影響を受けている事業者は、ほんとに、文字通り、生きるか死ぬか、の状況です。
蔓延初期のころはともかくとして、現状のコロナについては、経済優先、を支持しています。

観光業、ホテル業者や関連事業者の必死さ

2021年は、さすがに沖縄旅行を断念しました。
最後まで状況をみて、ということをしていましたが、最終的にキャンセルをしました。

ただ、ホテルの方は、ぎりぎりまで検討してもらえたら、とお願いされていました。

代わりに行った、県内の宿泊施設(県民割をやっていた)でも、それはそれは切実な感じでしたね。
人員の関係で、いつもより(よく行ってる場所)サービスは落ちてましたが、少ない人員で丁寧に対応していました。

物理的に無理があったので、さすがにサービスは落ちます。

ほんとに旅行者がコロナ拡大させるのか?

また、旅行に行ったことによって、感染する、感染を広げる、というのはある確率で発生すると思います。
0はあり得ないです。

ただ、それを理由に旅行を悪とし、事業者が倒れることは、ちょっと許容できません。

国際通りも、シャッターを閉めている建物がものすごいあります。
毎年来ていたお店がなくなっているというのも見ています。

そして、ここにいた人、経営していた人たちはどうなったんだろう。
そう想像してしまいます。

この2年間でなされてきたことはなんだろう

事業者に対して、事業として対策できる期間はあっただろう、というのと同じように、医療機関にも、その地域特性を考えた方策があっただろう?と、と問いたいです。

沖縄は旅行者が来ることはわかっている。
そいてある確率で、旅行者が感染する、発症することもわかっている。

そういう状況で、県としてはどうするのか。なにをしたのか。
ただ、観光に来るな、検査しろ、だけでは、なんら2年前とかわらないだろ?と。

旅行者として、どういった観光、楽しみ方をするのか

どういう観光をするのかにもよりますが、普段の生活の方がより仕事や通勤、買い物など、より多くの不特定多数の、あまり注意していない者に接触したりします。

ホテルや観光施設の人、設備など、よっぽど対策がされているに対して、普段の生活の場の方がよほどリスクがあるように思います。
仕事帰り人みんなで飲みに行ったりとか、行動も含めて。

沖縄の陽性者数の中、いったい旅行者はどれだけ含まれているでしょうか。
旅行シーズンに入る前に、どれだけ感染者が増えていたでしょうか。

旅行を悪とするのは、まったくただけない、と、私は思っています。

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、

とにかく、今言えるのは、万全の備えをして、旅行を楽しみましょう!

ってことです!

おきなわ物語 コロナ感染対策防止サイトより

よくあるご質問 | おきなわ物語 新型コロナウィルス感染防止対策サイト (okinawastory.jp)

こちらのサイトにて、沖縄への出発前からの情報が掲載されています。

沖縄旅行

得旅!遊ぶ!カフェ!グルメ!映え!ホテル!お土産!>by 沖縄旅行!